• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

新製品レビュー:OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II(外観・機能編) – デジカメ Watch

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/20151002_723352.html

オリンパス OM-D E-M10 Mark II レビュー

デジカメ Watchに、オリンパス OM-D E-M10 Mark II のレビューが掲載されています。


  • 小型軽量は踏襲しながら、外観はより精悍に。
  • 特に印象的なのがモードダイヤルや前後ダイヤルの仕上げの良さ。
  • モードダイヤルはやや高さがあり、小型ボディでも回しやすい。
  • 前後ダイヤルの操作感は良好で、高級感も伝わってくる。
  • 背面グリップもシボ革状になるなど高級感がアップ。
  • E-M10の軽快さを踏襲しながら、より高品位な仕上がりになった印象。
  • E-M10がMark IIとなって最も進化したのが、ボディ内手ブレ補正。
  • E-M10では3軸VCM手ブレ補正機構。補正効果はシャッタースピード約3.5段分。
  • それに対しE-M10 Mark IIは、上位機E-M1やE-M5 Mark IIと同じ5軸手ブレ補正機構を搭載。
  • 角度ブレと回転ブレ、さらに上下左右のシフトブレの補正も可能。
  • ただし補正効果は、E-M5 Mark IIの5段に対し、E-M10 Mark IIは4段分なのがやや残念。
  • 内蔵EVFも進化。E-M10の倍率約1.15倍・144万ドット液晶から、1.23倍・236万ドットのOLED。
  • E-M5 Mark IIの1.48倍には届かないものの、エントリークラスの機種としては大きな視野。
  • しかも高精細で快適。実際に撮影していて、ファインダーが小さいと思うことはなかった。
  • 新たに搭載された「AFターゲットパッド」。ファインダーを覗いたまま背面モニターを親指でなぞると測距点の移動が可能。
  • こうした操作性は他社ですでに採用している機種もあるが、オリンパスでは初。
  • いちいち十字ボタンを押す必要がないのでスピーディー。
  • とても便利で、上位機にもファームアップで装備してほしいと思うくらい。
  • OVFシミュレーション。EVFのダイナミックレンジを広げて、逆光のような輝度差がある条件でも被写体を確認しやすくする。
  • 試したところ、特にハイライト側の階調が豊富になるように感じた。
  • ただし露出補正してもファインダー内の明るさは変わらず、撮ってみないと結果がわからない。まさに光学ファインダーと同じ。
  • アートフィルターは「ヴィンテージ」と「パートカラー」の2種を追加。表現の楽しさが広がった。
  • Wi-Fi機能を搭載。QRコード接続可能。接続前にカメラ内で転送画像の予約可能。
  • 上位機にはない内蔵ストロボを装備。外部ストロボのコマンダーとしても使用可能。エントリーモデルながら多彩なライティングも可能。
  • ピント位置を変えながら連続撮影するフォーカスブラケット、タッチAFも可能など、E-M10から外観の仕上げはもちろん、スペックの大幅なアップも実現。

とのこと



OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkII 14-42mm EZレンズキット シルバー



販売が再開されたE-M10 Mark IIですが、やはり先代のE-M10より見た目的にも機能的にも、かなり進化しているようですね。個人的にはあのモードダイヤルを含めた3連ダイヤルのレイアウトデザインに非常にそそられます。メカニカルでとてもカッコ良いです。あと「AFターゲットパッド」も良いですね。パナソニック機でいう「タッチパッドAF」ですが、これはホント便利ですよね。EVF&背面タッチ式の機種には全面的に採用して欲しい昨日ですねえ。
唯一気になる点はNFC接続に非対応なことですね。それをカバーするためQRコード読み取りでの接続がついてますが、やはりNFC接続のあの手軽さ非常に良いんですよね。こういったコンパクト機では余計欲しいと思うので、ちょっと残念ですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「OLYMPUS」カテゴリの最新記事

OLYMPUS」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+