• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

マップカメラ | KASYAPA | 237:大きな進化を果たした超広角単焦点『Nikon AF-S 20mmF1.8G ED』 | Nikon

http://news.mapcamera.com/KASYAPA.php?itemid=25504

Nikon AF-S 20mm F1.8G ED レビュー

KASYAPAにNikon AF-S 20mm F1.8G ED のレビューが掲載されています。


  • 高画質ながら軽量で使いやすい開放F値1.8の単焦点レンズに新たなラインアップ。
  • 『AF-S NIKKOR 20mmF1.8G ED』は、非球面レンズやEDレンズなど豪華なレンズ構成。
  • そして、ナノクリスタルコートを採用した最新高画質設計のレンズ。
  • ニコン史上最高画質のカメラ(D810)の後に発売されるレンズは、否応無くともその期待は高まる。
  • 超広角ならではの開放感と透き通る様なクリアーな描写がとても気持ちが良い。
  • 最初の数カットで「良いレンズ」というのがしっかり伝わってくる。
  • 355gという軽量さも撮影をより軽快にしてくれる。
  • 開放F1.8から生まれるボケ味は美しいの一言。
  • 超広角レンズとは思えない大きなボケ。
  • ガラス越の撮影でもコントラストが高く、とてもクリアーに切り撮る事が可能。
  • 超広角の20mmなら根元からでもより大きなスケール感でスカイツリーを撮影可能。
  • 逆光時に強いイメージのナノクリスタルコートのレンズ。
  • 薄暗い景色の中でも驚くべき透明感で被写体をクリアに捉える。
  • 「Nikon D810」の高画質性能を存分にひき出している見事な描写です。
  • 最短撮影距離が20cmまで寄れるので被写体に近づくクローズアップ撮影も可能。
  • クロップ機能やAPS-Cセンサー機を使えば、さらにもう1歩寄って迫力ある写真が撮れる。
  • 解像力に余裕があるので、画質の劣化を気にせずカメラの機能を存分に使っていきたくなるレンズ。
  • 1994年に発売された「AF Nikkor 20mm F2.8D」から20年ぶりとなる20mm単焦点レンズ。
  • 想像より大きな進化を果たしていた。
  • デジタルカメラの進化に合わせ大きくグレードアップした20mmレンズ。
  • 最新の高画素カメラの性能を最大限に活かしてくれる。

とのこと



Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED AFS20 1.8G



D750と一緒に発表されたAF-S 20mm F1.8G ED ですが、D810に高画素センサーでも問題無く描写してくれるようですね。 超広角でも大口径なので、大きなボケが楽しめますし、最短撮影距離20cmなのも良いですね。これは良いかも。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+