• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

ニコンイメージングジャパン。自分撮りを楽しむための機能が充実したバリアングル液晶モニター搭載モデル「COOLPIX S6900」発売。


COOLPIX S6900


「COOLPIX S6900」は、ローアングルからハイアングルまで、多彩なアングルでの撮影が可能なバリアングル液晶モニターに加え、新たにカメラを立てるカメラスタンドやフロントシャッターボタンを搭載した、自分撮りが楽しめるモデル。
手のひらでカメラをリモートコントロールできる「ジェスチャー操作」の操作性が向上
液晶モニターで効果を確認しながら撮影できる「メイクアップモード」など、多彩な機能を搭載。
NFCおよびWi-FiRを内蔵し、撮影した画像をスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスへ簡単に転送することも可能。
有効画素数は1602万画素。高感度でも低ノイズ撮影を可能にする裏面照射型CMOSセンサーやレンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能のほか、光学12倍ズーム(ダイナミックファインズーム時24倍)のNIKKORレンズを搭載
レンズ前約2cmまでのマクロ撮影が可能。

発売概要
商品名:ニコンデジタルカメラ「COOLPIX S6900」
価格:オープンプライス
発売時期:2014年10月中旬
カラー:ナチュラルホワイト、リッチブラック、グロッシーピンク


主な特長

  • 自分撮りが楽しめる機能を搭載。3型バリアングル液晶モニター、カメラスタンド、フロントシャッターボタン、進化したジェスチャー操作
  • 楽しみが広がる多彩な撮影・編集機能。新機能のメイクアップモード、セルフコラージュ、セレクトソフト(強調したい部分を指でなぞると、それ以外の部分を自動的にぼかすことが可能)
  • 簡単に画像を共有し、楽しみを広げることができるNFCと内蔵Wi-Fi
  • 光学12倍ズームのNIKKORレンズ、裏面照射型CMOSセンサー搭載
  • 高画質なフルHD動画撮影機能


主な仕様

型式 コンパクトデジタルカメラ
有効画素数 1602万画素(画像処理で減少することがあります)
レンズ 光学12倍ズーム、NIKKORレンズ、焦点距離:4.5-54.0mm(35mm判換算25-300mm相当の撮影画角)、開放F値:f/3.3-6.3、レンズ構成:7群9枚(EDレンズ1枚)、電子ズーム倍率:最大4倍(35mm判換算で約1200mm相当の撮影画角)
画像モニター 3型TFT液晶、反射防止コート付き、約46万ドット、バリアングル方式、輝度調節機能付き(5段階)
記録媒体 内蔵メモリー(約30MB)、SD/SDHC/SDXCメモリーカード
寸法(幅×高さ×奥行き) 約99.4×58.0×27.9mm(突起部除く)
質量 約181g(電池、メモリーカード含む)

COOLPIX_S6900_01


COOLPIX S6900



→Nikon | ニュース | 報道資料:自分撮りが楽しめるスタイリッシュなコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S6900」を発売
→COOLPIX S6900 – 概要 | コンパクトデジタルカメラ | ニコンイメージング


ニコンも自撮り特化型のセルフィカメラを出してきましたねえ。縦型撮影がしやすい仕様になっていますが、SNSなどはスマホの縦画面で見る機会が多いので、そこを狙って出してきたのかなあ?しかし、この縦開き状態ってなんかガラケーみたいだなあ(笑 あと、ソニーは「DSC-KW1」を日本では出さないのかなあ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+