• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

ニコン、小型軽量な500mm超望遠レンズを開発発表 – デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1127555.html


デジカメ Watchに、ニコンの「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」開発発表のニュースが掲載されています。


  • ニコンは6月14日、交換レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」の開発を進めていると発表。
  • PF(位相フレネル)レンズを採用することで、小型・軽量化を図る。
  • 発売時期・価格は未定。
  • 発売済みの「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」に続き、PF(Phase Fresnel:位相フレネル)レンズを採用することで小型・軽量化を図る。
  • PFレンズは、PF素子をガラスレンズと組み合わせたもの。
  • 高い色収差補正能力から、一般的なガラスレンズだけの製品より、軽量化や薄肉化が期待できる。
  • ニコンではPFレンズをAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRで初めて採用。
  • 従来の300mm f/4レンズに対し、約42%減の質量約545gを実現。

とのこと

→Nikon | ニュース | ニコンFXフォーマット対応の超望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」を開発



Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR



AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRは、相当に小型軽量なサンヨンになりましたからね。新型ゴーゴーロクにも期待できそうですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+