• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Nikon | ニュース | 報道資料:1.4倍テレコンバーター内蔵の超望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」を発売

http://www.nikon.co.jp/news/2018/0109_nikkor_01.htm

AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR

ニコンが、フルサイズ対応1.4倍テレコンバーター内蔵超望遠ズーム「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」を発表。


発売概要

  • 商品名:「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」
  • 希望小売価格:¥1,472,000(税別)
  • 発売時期:2018年3月9日予定

主な特長

  • 望遠180mmから、内蔵1.4倍テレコンバーターの使用により超望遠560mmまで、幅広い焦点距離をカバーする超望遠ズームレンズ
  • ファインダーを覗いた状態でスムーズな切り換えが可能な、1.4倍テレコンバーター内蔵
  • 縦位置、横位置の切り換えがスムーズにできる三脚座リング
  • 三脚座をホールドしたままスムーズに操作できるズームリング
  • 蛍石レンズ、マグネシウム合金を採用し軽量化に配慮した約3500gのボディー
  • 埃や水滴の侵入を防ぐ防塵・防滴構造
  • 耐久性が高く、撥水・撥油性に優れたニコン独自のフッ素コート
  • 蛍石レンズ1枚、EDレンズ8枚を採用した最新の光学設計で、高画素デジタルカメラに対応する高い解像力を実現
  • 最新の光学設計とナノクリスタルコートの効果で、ゴーストとフレアを抑えたクリアーな画像を実現
  • 望遠端での至近撮影時の高い最大撮影倍率(内蔵テレコンバーター非使用時0.25倍、使用時0.36倍)
  • テレコンバーター内蔵の専用設計による、最適な光学性能とAF性能
  • 手ブレ補正効果4.0段(CIPA規格準拠)のVR機構。VRモードには[NORMAL]モードと[SPORT]モードを搭載
  • 安定した露出制御が可能な電磁絞り機構

主な仕様

  • 焦点距離:180-400mm/内蔵テレコン使用時:252-560mm
  • 最大口径比:1:4/内蔵テレコン使用時:1:5.6
  • レンズ構成:19群27枚(EDレンズ8枚、蛍石レンズ1枚、ナノクリスタルコートあり)、他保護ガラス1枚(フッ素コートあり)、内蔵テレコンバーター5群8枚
  • 画角:13°40′-6°10′(FX)/内蔵テレコン使用時:9°50′-4°30′(FX)
  • 9°-4°(DX)/内蔵テレコン使用時:6°20′-2°50′(DX)
  • 寸法:約128mm×362.5mm
  • 質量:約3500g

→AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR – 概要 | レンズ | ニコンイメージング

とのこと



Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR II フルサイズ対応



パナソニックのGH5Sが発表されましたが、こちらも、リーク情報通りに、AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRが登場しましたね。これはちょっと個人が買うには難しいレンズですが、どんな写りをするのか興味ありますよね。やはり、似たスペックのキヤノンの「EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×」との比較が気になる所ですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+