• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

ニコンが理想とする“三次元的ハイファイレンズ”の第2弾! 中望遠レンズ「AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED」実写レビュー 価格.comマガジン

https://mag.kakaku.com/camera/?id=4613

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED

価格.comマガジンに、ニコン「AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED」のレビューが掲載されています。


  • ピント位置からなだらかにボケる上質なボケ味を実現
  • 絞り開放のボケ味は極上。ピント位置付近でのゆるやかなボケに注目
  • 開放ではややソフトな描写。周辺光量落ちも目立つ。F2まで絞るとシャープになる
  • 開放でも点光源の再現性は高い。周辺でも気になるような収差は見られない
  • AFはスピーディーでピント精度も十分
  • ボケ味は一級品。絞り開放でのボケ味はほかのレンズでは味わえないもの
  • ピント面からゆるやかにボケていく特徴を理解して使いたい
  • 開放からのシャープさよりもボケ味を重視して開発された
  • ボケはじめから大きなボケに変化するまでの間のなめらかなボケ味は、間違いなく一級品。
  • ピントのキレを重視する人はソフトな感じを気にするかもしれない。
  • しかし特にF1.4開放では、ほかのレンズでは味わえないような美しいボケ味が得られる。
  • 最近の高性能レンズは絞り開放から解像力を追及するのがトレンド
  • AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDは開放からのシャープさよりも、ボケの美しさを重視して開発。
  • ポートレート用として焦点距離85mmの単焦点レンズを所有している方も多いとは思う。
  • それとはひと味違ったボケが得られるレンズ。
  • ボケを生かした作品作りをしているのであれば、手に入れておいて損のない1本。

とのこと



Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED



作例を見るとAF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDは本当に綺麗なボケですね。ボケの美しさを重視して開発したとのことですが、オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PROやソニーのGマスターなど、最近はボケを重視した設計のレンズが増えてきている感じですね。しかし、AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDはこちらのレビューでもそうでしたが、他のレンズのボケとは違ったなんともいえないボケ味ですねえ。それなりに値は張りますが、これは欲しいですねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+