• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノン「RF70-200mm F2.8 L IS USM」と「EF70-200mm F2.8L IS II USM」の大きさ比較。かなりコンパクトな模様キヤノン「RF70-200mm F2.8 L IS USM」と「EF70-200mm F2.8L IS II USM」の大きさ比較。かなりコンパクトな模様(3637views)
  2. キヤノンが「EOS RP」を正式発表。フルサイズミラーレスの小型軽量で手頃な価格のカジュアルモデル。5000台限定のゴールドカラーも発売。キヤノンが「EOS RP」を正式発表。フルサイズミラーレスの小型軽量で手頃な価格のカジュアルモデル。5000台限定のゴールドカラーも発売。(1371views)
  3. キヤノンがEOS Rにてボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正をシンクロする「All Optical IS」を開発している模様。キヤノンがEOS Rにてボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正をシンクロする「All Optical IS」を開発している模様。(1209views)
  4. オリンパスのPEN-Fが日本の販売店でディスコンになっている!?オリンパスのPEN-Fが日本の販売店でディスコンになっている!?(1182views)
  5. タムロンがフルサイズEマウント用F2.8通し広角ズーム「17-28mm F/2.8 Di III RXD」を発表する!?タムロンがフルサイズEマウント用F2.8通し広角ズーム「17-28mm F/2.8 Di III RXD」を発表する!?(1121views)
  6. キヤノンの今後の新製品の噂&予想【2019年2月】高画素EOS Rや「RF100-400 F3.5-5.6L IS USM」「RF50mm F1.8 IS STM」「RF24mm F1.4L USM」など。キヤノンの今後の新製品の噂&予想【2019年2月】高画素EOS Rや「RF100-400 F3.5-5.6L IS USM」「RF50mm F1.8 IS STM」「RF24mm F1.4L USM」など。(1101views)
  7. キヤノン「EOS RP」の後付けグリップ「EG-E1」を装着したリーク画像。また、キットレンズは「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」になる模様。キヤノン「EOS RP」の後付けグリップ「EG-E1」を装着したリーク画像。また、キットレンズは「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」になる模様。(965views)
  8. タムロンの「28-75mm F/2.8 di III RXD (Model A036)」は、生産数を5倍以上にアップして生産しているが、いまだ生産が間に合っていない模様。タムロンの「28-75mm F/2.8 di III RXD (Model A036)」は、生産数を5倍以上にアップして生産しているが、いまだ生産が間に合っていない模様。(931views)
  9. パナソニックが「LUMIX FZ1000 II」「LUMIX TZ95」を近日中に発表する模様。スペックのリーク情報も。パナソニックが「LUMIX FZ1000 II」「LUMIX TZ95」を近日中に発表する模様。スペックのリーク情報も。(908views)
  10. タムロンが一眼レフ用「SP 35mm F/1.4 USD」と「35-150mm F/2.8-4 VC USD」を発表する!?SP 35mm F/1.4は史上最高の35mmを目指したレンズになる!?タムロンが一眼レフ用「SP 35mm F/1.4 USD」と「35-150mm F/2.8-4 VC USD」を発表する!?SP 35mm F/1.4は史上最高の35mmを目指したレンズになる!?(907views)

Zenit and Leica Present Joint Production Camera

http://www.prnewswire.co.uk/news-releases/zenit-and-leica-present-joint-production-camera-694346001.html

Zenit M

CISIONに、デジタルレンジファインダーカメラ「Zenit M」発表のニュースが掲載されています。


  • ロシアのZenitブランドのメーカーKrasnogorsky Zavodは、ライカと協力して、新しいデジタルレンジファインダーカメラZenit Mを開発。
  • Photokina 2018でこの製品を発表した。
  • Zenit Mは技術的にはLeica M Type 240プラットフォームをベースにしているが、ハードウェアとソフトウェアの両方で修正されている。
  • カメラには、Zenitar 35mm f/1.0レンズが装備される。
  • ロシアで全て設計され、製造されており、その部品と材料は100%はロシア製。
  • レンズは加工を必要とせず、独自のボケとソフトフォーカス効果を持つ画像を作成する。
  • Zenit Mのデザインは、伝説的なZenitカメラとZorkyカメラのデザインを踏襲。
  • 様々な条件下で撮影可能なフルサイズレンジファインダーカメラ。
  • Zenit Mは2018年12月から欧州で発売される予定
  • そして2019年1月からロシアでZenitのオンラインストアと選ばれた写真店で販売される。

とのこと





以前より噂になっていたZENITのカメラが登場しましたね。SLベースやM9ベースという噂もありましたが、結局はライカM Typ240ベースでの登場となったようですね。あと、Zenitar 35mm f/1.0は設計から開発、製造、素材までロシア製というこだわりよう。どんな描写をするのか見てみたいですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Leica」カテゴリの最新記事

Leica」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+