• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Zenit and Leica Present Joint Production Camera

http://www.prnewswire.co.uk/news-releases/zenit-and-leica-present-joint-production-camera-694346001.html

Zenit M

CISIONに、デジタルレンジファインダーカメラ「Zenit M」発表のニュースが掲載されています。


  • ロシアのZenitブランドのメーカーKrasnogorsky Zavodは、ライカと協力して、新しいデジタルレンジファインダーカメラZenit Mを開発。
  • Photokina 2018でこの製品を発表した。
  • Zenit Mは技術的にはLeica M Type 240プラットフォームをベースにしているが、ハードウェアとソフトウェアの両方で修正されている。
  • カメラには、Zenitar 35mm f/1.0レンズが装備される。
  • ロシアで全て設計され、製造されており、その部品と材料は100%はロシア製。
  • レンズは加工を必要とせず、独自のボケとソフトフォーカス効果を持つ画像を作成する。
  • Zenit Mのデザインは、伝説的なZenitカメラとZorkyカメラのデザインを踏襲。
  • 様々な条件下で撮影可能なフルサイズレンジファインダーカメラ。
  • Zenit Mは2018年12月から欧州で発売される予定
  • そして2019年1月からロシアでZenitのオンラインストアと選ばれた写真店で販売される。

とのこと





以前より噂になっていたZENITのカメラが登場しましたね。SLベースやM9ベースという噂もありましたが、結局はライカM Typ240ベースでの登場となったようですね。あと、Zenitar 35mm f/1.0は設計から開発、製造、素材までロシア製というこだわりよう。どんな描写をするのか見てみたいですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Leica」カテゴリの最新記事

Leica」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+