• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

約441万ドットのEVF用パネル「ULTIMICRON」が量産開始 – デジカメ Watch

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151209_734450.html

ライカSLのEVFは、セイコーエプソン製だった模様。

デジカメ Watchに、セイコーエプソンの441万ドットの新型EVF向け液晶パネルの話が掲載。


  • セイコーエプソンは12月9日、電子ビューファインダー向け液晶パネル「ULTIMICRON」(アルティミクロン)の新型「L3FJ63800C」を量産開始したと発表。
  • デジタルカメラのEVF向け量産品で世界最高解像度という、441万ドット(1,400×RGB×1,050のSXGA+)の製品。
  • 画面サイズは0.66型。
  • 従来のXGA製品に比べ約2倍の高解像度としたことで、カメラメーカーにとってはファインダー部分のレンズ選択や拡大率など、光学設計の自由度が高まる。
  • 色域も約30%拡大。
  • 同様のスペックを持つEVFには「ライカSL」のそれがある。
  • 同パネルの採用は明言されていないものの、ライカカメラ社の技術資料には「0.66インチ・4.4メガピクセル」のEVFを搭載しているとある。

とのこと


→電子ビューファインダー向け高精細『ULTIMICRON』パネルの量産を開始(2015年12月9日) | ニュースリリース | トピックス | エプソン



サンコーレアモノショップ 3.5インチ電子ビューファインダー(HDMI入出力対応) HDM35EVF



スペック的に、これはライカSLのEFVのに間違いないっぽいですね。これは是非とも他社メーカーも採用して欲しいなあ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Leica」カテゴリの最新記事

Leica」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+