• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

Photo of the Day 1秒と言えば「おじぃーちゃん」なのだ
富士フイルム・X-T1+XF18~135mmF3.5~5.6 R LM OIS WR

http://thisistanaka.blog66.fc2.com/entry/873/

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

写真家 田中希美男氏が自身のブログで「XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」の手ブレ補正の話をしています。


  • 手ぶれ補正一家言の自分が、強く感動したのがフジの「XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」。
  • その手ブレ補正の効きの凄さに、使ってみて驚いた。
  • 手ブレ補正の効き具合を表す数値については、数年前までは各社バラバラ。
  • 1年ほど前だったかにCIPAがテスト基準を作った。
  • それ以降は「CIPA準拠で何段ぶん」と比較できる数値が示されるようになった。
  • 「XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」は「CIPA準拠で5段ぶんの手ブレ補正効果がある」と公式に発表している。
  • 「CIPA5段」と聞いたときに、まずびっくりだった。
  • そんなカメラもレンズもいままでになかった。
  • いくらナンでもそんなワケないじゃないかと思った
  • 実際に「XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」で1秒で手持ち撮影したら手ブレ補正された。
  • 厳密に言えば絶対的にブレをなくして撮ることは不可能に近い。
  • 写真を鑑賞する拡大倍率によってブレ量が違ってくるからだ。
  • ぼくが言っているのは等倍表示(ピクセル等倍)で画像を見た時の話。
  • どれだけ優れた手ぶれ補正のカメラやレンズを使っても、1秒で撮影して100%ブラさずに撮れるなんて人はスーパーマン。
  • 「XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」に関して言えば「確率は40~50%」。これは凄いことだ。
  • 3回シャッターを切って、そのうちワンカットぶれてなければ万々歳だと思っている
  • 確率20%でも素晴らしいと思っているほど。
  • この手持ち撮影のテストはなんにも寄りかからず、自分の2本の足で立ってカメラを構えて写した。
  • 1秒で撮って、4~5カット撮ったうち数カットブレてない写真。
  • 試しに1/2秒も撮ってみたが、ブレない確率はもっとアップする。

とのこと



FUJIFILM フジノンズームレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

FUJIFILM フジノンズームレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR



手持ちで1秒で確率40~50%かあ、これはスゴいですね。しかも描写性能の方も高倍率ズームとは思えない解像力とボケ味、そしてヌケの良さを持つレンズなのでXユーザーには必携の1本となりそうなレンズですねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+