• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

ハッセルブラッドと富士フイルムのチェキを合体 個人プロジェクト「Hasselblad-Instax」が公開 | Webマガジン「AXIS」|Web Magazine AXIS

https://www.axismag.jp/posts/2019/01/111730.html

インスタントカメラ「Hasselblad-Instax」

Web Magazine AXISに、Hasselblad 500C/MとInstax mini 9を合体させた自作カメラが紹介されています。


  • Isaac Blankensmith氏がインスタントカメラ「Hasselblad-Instax」を公開。
  • Hasselblad 500C/Mと、富士フイルム Instax mini 9(チェキ)を組み合わせた自作カメラ。
  • 最初のテストではフィルムのフレーム全体にわたって露光。このタイプのフィルムでかつてないほど鮮明な画像。
  • 焦点面の距離にわずかなズレがあるため、光の漏れや合焦にはまだの問題がある。

インスタントカメラ「Hasselblad-Instax」


インスタントカメラ「Hasselblad-Instax」


インスタントカメラ「Hasselblad-Instax」


インスタントカメラ「Hasselblad-Instax」



→Isaac Blankensmith

とのこと



Lomography 2 Belair X 6-12 City Slicker Medium Format Folding Camera (Silver/Brown) by Lomography



フィルムの中判をデジタルカメラ化するのにデジタルバックを使うわけですが、このHasselblad-Instaxでは、チェキをバック化することで、中判をインスタントカメラ化するわけですね。インスタントバックですね。そういえば、ロモグラフィーの中判フィルムカメラ「Belair X 6-12」は「Belair instant Back」というバック付けるとインスタントカメラになってInstax WIDEフィルムが使えるようになるんで、ちょっと似てるかもですね。しかし、本気の中判レンズの性能だとチェキのインスタントフィルムでも鮮明に解像するようですね。凄い。このカメラむりくりくっつけたような仕上げが雑な部分もありますが(時間無かったので仕方ないかもですが)、デザインはなかなかまとまっているように見えますね。個人的には結構好きかも。実物を見てみたいですねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM, その他」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+