• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Fujifilm X-T3 has BSI Sensor (but not Stacked) for Improved Dynamic Range. A Good News? – POLL – Fuji Rumors

https://www.fujirumors.com/fujifilm-x-t3-has-bsi-sensor-but-not-stacked-for-improved-dynamic-range-a-good-news-poll/

富士フイルムX-T3

Fuji Rumorsに、富士フイルムX-T2後継機「X-T3」の噂が掲載されています。


  • 信頼できるソースは、X-T3センサーの仕様に関するいくつかの重要なアップデートを私たちに送ってきた。

裏面照射センサー

  • X-T3には裏面照射センサー(BSI)が100%確実に搭載される。
  • 裏面照射センサーはダイナミックレンジを改善する。
  • センサーが小さいほど、裏面照射は正のダイナミックレンジに影響する。
  • 他のメリットは、色飛び、ケラレ改善、ノイズ低減、レンズデザイン(特に広角レンズ)

積層型ではないセンサー

  • 信頼できるソースによると、富士フイルムX-T3には積層型センサーは搭載されない。
  • しかし、悪いニュースのように聞こえるものは、実際には良いものになる可能性がある。
  • 実際、ソニーの積層型センサ技術(ソニーα9で利用)は、少なくとも2つのトレードオフがある。
  • ダイナミックレンジの低下、はるかに高価
  • X-T3はメカニカルシャッターで11コマ/秒を撮影できることがわかっている。
  • 私たちのほとんどが「決定的な瞬間」を捉えるには1秒で11枚あれば十分だろう。
  • しかし、新しいセンサー/プロセッサのコンボを考えると、X-T3のローリングシャッターが他のどのフジフイルムカメラよりも少ないと仮定することは間違い無いと思う。

妥協なしの画質+高速連写

  • 私にとっては、富士フイルムは最高の画質を実現することに決めたようだ。
  • したがって、積層型センサなどの画像品質に悪影響を及ぼす可能性のあるあらゆる種類の技術を避けることにした可能性がある。
  • パナソニックの場合の手ブレ補正がそうだ。

とのこと



富士フイルム ミラーレス一眼 X-T2グラファイトシルバーエディション X-T2-GS



高速読み出しが可能な積層型センサーが搭載されるという噂のあったX-T3ですが、結局積層型は搭載されないんですかね。ただ、裏面照射型の可能性はあるようですね。裏面照射型のX-Transセンサーって、かなり画質に期待できそうな予感がしますよね。積層型じゃないのは残念ですが、これはこれで楽しみだなあ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+