• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズ 開発ロードマップの最新情報を公開 新たに3本のレンズを加え、34本の充実したラインアップであらゆる撮影領域をサポート : ニュースリリース | 富士フイルム

http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1311.html

富士フイルムが「XF33mmF1 R WR」「XF16mmF2.8 R WR」「XF16-80mmF4 R OIS WR」を開発発表。

富士フイルムが「Xシリーズ」用交換レンズの開発ロードマップの最新情報を公開。


  • 大口径標準単焦点レンズ「フジノンレンズ XF33mmF1 R WR」、広角単焦点レンズ「フジノンレンズ XF16mmF2.8 R WR」、標準ズームレンズ「フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WR」の3本を新たに加えた。
  • 34本のラインアップであらゆる撮影領域をサポート。
  • 今後は、単焦点レンズを大口径タイプの「大口径プライム」と小型軽量タイプの「コンパクトプライム」の2つのシリーズとする
  • ズームレンズのハイエンドタイプを「レッドバッジズームレンズ」シリーズとする。

大口径標準単焦点レンズ 「XF33mmF1 R WR」

  • 「大口径プライム」シリーズの標準レンズ。
  • 焦点距離33mm(35mm判換算:50mm相当)で、世界で最も明るい*開放F値1.0実現。
  • *オートフォーカス機能付きの交換レンズとして。2018年7月20日時点。

広角単焦点レンズ「XF16mmF2.8 R WR」

  • 「コンパクトプライム」シリーズの広角レンズ。
  • 16mm(35mm判換算:24mm相当)の焦点距離、開放F値2.8でスタイリッシュな外観を実現。

標準ズームレンズ 「XF16-80mmF4 R OIS WR」

  • 広角16mm~中望遠80mm(35mm判換算:24mm~122mm相当)の焦点距離をカバー
  • 幅広い撮影領域に対応する標準ズームレンズ。
  • ズーム全域において開放F値4.0の明るさで撮影することが可能。

とのこと



FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T100シャンパンゴールド X-T100-G



XF8-16mmF2.8 R LM WR」と「XF200mmF2 R LM OIS WR」に続き、レンズロードマップも噂通りに更新されましたね。追加された3本でやはり気になるのは「XF33mmF1 R WR」ですかね。まさかのF1を出してくるとは。XF8-16mmF2.8とXF200mmF2もですが、フルサイズに負けない明るさとボケを目指してる感じがしますよね。価格がどんなことになるのか怖いですが、F1という明るさで、どんな描写をするのか非常に楽しみですねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+