• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

APS-Cコンパクトの最新モデル「FUJIFILM XF10」 – デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1133743.html

FUJIFILM XF10

デジカメ Watchに、APS-Cセンサーを搭載した富士フイルムのコンデジ「FUJIFILM XF10」発表のニュースが掲載されています。


  • 富士フイルムが「FUJIFILM XF10」を8月23日に発売。
  • カラーはシャンパンゴールドとブラックの2色。店頭予想価格は税別6万円前後。
  • 有効2424万画素APS-CサイズCMOSセンサーを搭載するコンパクトカメラ。
  • EVF非搭載28mmコンパクトは、2016年2月発売の「FUJIFILM X70」に共通する部分がある。
  • 搭載センサーがX-Trans CMOSではない点(XF10のセンサーはX-T100やX-A5同等)
  • 液晶モニターが固定式になっている点などから純粋な後継機ではないよう。
  • その代わり、発売時の価格がX70の税別9万円前後に対し、税別6万円前後と手頃に。
  • XF10の搭載レンズは35mm判換算28mm相当F2.8。最短撮影距離は約10cm。
  • 感度はISO200-12800(拡張で100/25600/51200)。
  • 4K動画記録やハイスピード動画の撮影に対応。
  • 1:1フォーマットで撮影できる「スクエアモード」を搭載し
  • 背面モニターのフリック動作でフォーマットを切り換えられる。
  • フィルムシミュレーションには「リッチ&ファイン」「モノクロ(近赤外線風)」追加
  • ピント位置を2mもしくは5mに固定できる「スナップショット機能」
  • トリミングで35mm相当、50mm相当で撮影できる「デジタルテレコンバーター」も搭載。
  • シャッター速度はメカシャッターが30~1/4000秒(F2.8 1/1,000秒まで。F8以上1/4,000秒まで)。
  • 電子シャッターで最高1/16000秒まで切れる。連写速度は約3コマ/秒および約6コマ/秒と記載されており、それぞれAF追従・AF固定での値と見られる。
  • 背面にスティック状の「フォーカスレバー」を搭載。
  • ストラップの取り付けは、右手側のみにアイレットを持つ片吊り仕様。
  • 背面モニターは3型約104万ドットのタッチパネル式。チルトはしない。
  • タッチショット、タッチAFによる撮影、スワイプやピンチ操作による画像再生が可能。
  • 通信機能はWi-Fi/Bluetooth。スマホ連携、instaxプリンターでのワイヤレスプリントなどが可能。
  • バッテリーはNP-95。USBケーブルを使ってカメラ内で充電。
  • 起動の速さとバッテリー持ちのバランスを選択できる「ハイパフォーマンスモード」を継承。
  • ONにすると起動時間が約0.7秒に短縮(通常時約1.1秒)。撮影可能枚数約330枚。
  • 外形寸法112.5×64.4×41mm。重量約278.9g(バッテリー、SD込み)、約241.2g(本体のみ)。

FUJIFILM XF10


FUJIFILM XF10



→ニュースリリース:FUJIFILM XF10 | 富士フイルム

→製品情報:FUJIFILM XF10 | 富士フイルム

→スペシャルサイト:XF10 | プレミアムコンパクトカメラ | FUJIFILM X

とのこと



FUJIFILM XF10製品紹介映像/富士フイルム



FUJIFILM デジタルカメラ X70 シルバー X70-S



噂の上がっていたXF10が、登場しましたね。リークや噂の情報通りに、X70の直系では無いですが、APS-Cセンサーを搭載したコンデジでしたね。スクエアモードはインスタを意識したイマドキのモードですが、スナップショット機能はストリート向けでシブイ感じがしますね。Xトランスではないのが残念ですが、後継機が登場しないGRの代わりに新たなスナップシューターとして人気が出そうな気がしますねえ。ってか、なんかデザインもGRっぽさを感じてしまいますが、気のせいかなあ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+