• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Fujifilm X-H1 will have 5 Axis In Body Image Stabilization + 3 Way Tilt and Touch Screen of GFX – Fuji Rumors

https://www.fujirumors.com/fujifilm-x-h1-will-5-axis-body-image-stabilization-3-way-tilt-touch-screen-gfx/

富士フイルムX-H1

Fuji Rumorsに、動画向けカメラ富士フイルムX-H1の噂が掲載されています。


  • X-H1が3軸または5軸の手ブレ補正なのか、電子メールで尋ねてくる人がいる。
  • 富士フイルムのマネージャーはXマウントがボディ内手ブレ補正と互換性がないと言っている。
  • なので、3軸になるかもしれないとの懸念がある。
  • 良いニュース、ボディ内手ブレ補正は5軸になる。
  • 全画素センサー読み出しを持ち、ボディ内手ブレ補正が動いていてもクロップされない。センサーシフト撮影およデュアルIS(光学式手ブレ補正 + ボディ内手ブレ補正)は非搭載。
  • 少なくとも現在のファームウェアの段階では。
  • しかし、ボディ内手ブレ補正のみの機能はちゃんと動作する。
  • X-H1がバリアングル液晶を持つのか、電子メールで多くの質問を受けた。
  • 答えは、いいえ。 X-T2とGFXと同じ3方向チルト液晶になる。
  • それはまた、タッチスクリーンを搭載する。

富士フイルムX-H1噂のスペック

  • X-H1は、ボディ内手ブレ補正と互換性がないXマウントについて、富士フイルムのマネージャーが言ったことにもかかわらず、ボディ内手ブレ補正は全てのフジノンXマウントレンズで動作する。
  • オリンパスととは対照的に、デュアルIS(光学式手ブレ補正 + ボディ内手ブレ補正)は動作しない。少なくとも現時点では不可能。たぶん富士フイルムは将来的にファームウェアを調整するだろう。しかし、発表時は期待できない。
  • センサーシフトマルチショット非対応
  • X-T2以上のより良いハンドグリップの設計変更がある。
  • X-H1は、2400万画素のX-Trans IIIセンサー搭載
  • 発表は(現在)2018年前半に予定されてる。
  • 発売は2月
  • 約2,000ドルの価格になる。
  • 新しいフィルムシミュレーションEterna搭載
  • ボディ内手ブレ補正時、全画素読み出し
  • 内部F-log
  • 露出補正ダイヤルはないが、GFXのような上面液晶画面
  • 富士X-T2対X-H1サイズの比較
  • X-T2と同じX-Processor Pro搭載
  • バッテリーはX-T2と同じNP-W126S
  • X-T2と同じ3方向チルト液晶、タッチ機能付
  • ボディ内手ブレ補正は5軸


とのこと



富士フイルム ミラーレス一眼 X-T2グラファイトシルバーエディション X-T2-GS



ボディ内手ブレ補正は、すべてのフジノンXマウントレンズで動作するや、オリンパスOM-Dのようなハイレゾショットは搭載されない、あとはボディ内手ブレ補正とレンズ側の手ブレ補正が連動しないなど、ここら辺はX-T2Sとして噂されていた頃から話が上がっていましたが、5軸の話は初ですね。まあ、他のメーカーはボディ内手ブレ補正だと5軸を積んでる機種が多いので、富士フイルムも負けてられない感じはしますよね。あとバリアングルではなく3方向チルト液晶なのは好みが分かれそうですよね。特に動画の場合はバリアングルの方が使い勝手良さそうな気もしますが、どうなんでしょうかね。タッチ式についてはX-T2は非搭載でしたが最近の機種のX-T20やX-E3はタッチパネル採用してますので、まあ搭載されるのは当然な感じもしますね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+