• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」用の「RF50mm F1.2L USM」「RF28-70mm F2L USM」「コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R」が予想を上回る注文で生産が間に合わない模様。キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」用の「RF50mm F1.2L USM」「RF28-70mm F2L USM」「コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R」が予想を上回る注文で生産が間に合わない模様。(859views)
  2. ニコンはZマウントには中判センサーを搭載する計画は無い模様。ニコンはZマウントには中判センサーを搭載する計画は無い模様。(445views)
  3. 富士フイルムX-T3のセンサーはサムスン製!?ペンタックスやパナソニックにもセンサーを供給する!?富士フイルムX-T3のセンサーはサムスン製!?ペンタックスやパナソニックにもセンサーを供給する!?(263views)
  4. パナソニックのフルサイズミラーレスには、有機センサーもマルチアスペクトセンサーも搭載されない!?パナソニックのフルサイズミラーレスには、有機センサーもマルチアスペクトセンサーも搭載されない!?(216views)
  5. ソニーがもうすぐ「FE 24mm F1.4 GM」を発表する!?ソニーがもうすぐ「FE 24mm F1.4 GM」を発表する!?(173views)
  6. ライカSL レビュー「フォーカスは速いが、ソニー最新のα7R IIやα7S IIには明らかに及ばない。」ライカSL レビュー「フォーカスは速いが、ソニー最新のα7R IIやα7S IIには明らかに及ばない。」(154views)
  7. シグマの「28mm F1.4 DG HSM | Art」「40mm F1.4 DG HSM | Art」「70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports」「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」「56mm F1.4 DC DN | Contemporary」のリーク画像が登場。近日中に発表される模様。シグマの「28mm F1.4 DG HSM | Art」「40mm F1.4 DG HSM | Art」「70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports」「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」「56mm F1.4 DC DN | Contemporary」のリーク画像が登場。近日中に発表される模様。(140views)
  8. ソニーが9月18日に新製品発表を行う!?「FE 24mm F1.4 GM」と「FE 135mm F1.8 GM」の可能大!?ソニーが9月18日に新製品発表を行う!?「FE 24mm F1.4 GM」と「FE 135mm F1.8 GM」の可能大!?(123views)
  9. ソニーがα7IIIより下で価格1500ドルのフルサイズEマウントのエントリー機を発表する!?ソニーがα7IIIより下で価格1500ドルのフルサイズEマウントのエントリー機を発表する!?(117views)
  10. 富士フイルムGFX 50Rのスケッチ画と、GFX 50S、X-T3、X-E3、Hasselblad X1Dのボディ比較。富士フイルムGFX 50Rのスケッチ画と、GFX 50S、X-T3、X-E3、Hasselblad X1Dのボディ比較。(95views)

Fujifilm Working on the Ultimate $5,000+ APS-C X-Trans X-series Camera (also for Video) ** Grain Of Salt  Fuji Rumors

http://www.fujirumors.com/fujifilm-working-ultimate-5000-aps-c-x-trans-x-series-camera-also-video-grain-salt/

究極のXシリーズ

Fuji Rumorsに、富士フイルムのXシリーズ新機種の噂が掲載されています。


  • 富士フイルムのマネージャーが「2018年に新しい望遠レンズを発表したときには、より高性能のボディが必要」と言ったのを覚えているだろうか。
  • 「高性能ボディ」はどういう意味か? X-T3?あるいはまったく違う何か?
  • 確証はないが、最近聞いていることを伝えることができる。
  • これらは、非常にエキサイティングな噂だが、この段階では壊れやすい囁きのようなものなので、これを事実と受け取ってはいけない。
  • 富士フイルムが、究極のXシリーズに取り組んでいるという噂を聞いた。
  • これまでの富士フイルムのAPS-C機のすべてを上回るカメラになるだろう。
  • シネマ中心の側面を持つかもしれない。新しく発表されたMK18-55mm T2.9とMK50-135mm T2.9の完璧な相棒になるだろう。
  • 上記のマネージャーのコメントがこのカメラのことなのか、X-T3のことなのかは分からない。
  • しかし、1つの匿名のソースから、約$5000(またはそれ以上)の価格になり、X-Trans機になるだろうと聞いている。

  • とのこと



富士フイルム ミラーレス一眼 X-T2グラファイトシルバーエディション X-T2-GS



2018年の新しい望遠レンズはXF200mm F2と噂されていますが、それに合わせて高性能機が登場するんですかね。時期的にはX-T3あたりでもよさそうな感じはしますが、また別の新しいラインとして登場するんですかね。あと富士フイルムは、シネレンズ「MKレンズ」シリーズを発表しており、映像系に力を入れていく感じもしますので、もしかするとシネカメラ的なモデルが登場する可能性もありそうな気はしますよね。でも、2018年の望遠レンズはスチル向けでしょうから、やはり高性能なスチル機にな気もします。ただ、もし価格が5000ドルとなるとちょっと簡単には手が出ないカメラになりそうですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+