• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズの開発ロードマップの最新情報を公開 動画撮影に最適な新シネマカメラ用レンズ「MKレンズ」も加わりラインアップがさらに拡充 : ニュースリリース | 富士フイルム

http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1156.html

富士フイルム レンズロードマップ

今回新たに追加したレンズ


1. 動画撮影に最適な新シネマカメラ用レンズ「MKレンズ」

  • プロの撮影分野において、4K動画をはじめとした高精細な映像制作への需要が急増する中、機動性や操作性に優れ、独自の色再現技術により多彩な色調の高品質な動画を撮影できる「Xシリーズ」を活用したいというニーズに応えるため、動画撮影に最適な新シネマカメラ用レンズ「MKレンズ」の「Xシリーズ」用マウント(Xマウント)に対応した製品を開発。

2. 静止画撮影に最適な「望遠単焦点レンズ」と「超広角ズームレンズ」

  • 静止画撮影に最適なXFレンズの新ラインアップとして、プロ写真家や写真愛好家から特に要望の多かった「望遠単焦点レンズ」と「超広角ズームレンズ」の2本を開発する。

とのこと



フジフイルム X-T2 WORLD (日本カメラMOOK)



広角標準域はスキのないラインナップの富士フイルムの単焦点レンズですが「望遠単焦点レンズ」は、換算137mmのXF90mmF2 R LM WRしかないですからね。あと「超広角ズームレンズ」はXF8-16mmF2.8 R LM WRあたりですかね。どちらも来年の予定になっており、今年はあとは「XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro」のみなのでちょっと残念ですね。まあ、中判ミラーレスのGFXの方に力を入れるって感じですかね。あと、シネレンズも登場するとのことですが、これEマウント版の方が先に出るんですよね。これはちょっと驚きましたね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+