• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. ソニーがフルサイズEマウント用レンズ「FE 24mm F1.4 GM」を海外で正式発表。ソニーがフルサイズEマウント用レンズ「FE 24mm F1.4 GM」を海外で正式発表。(574views)
  2. パナソニックのフルサイズミラーレスはSLマウントで確定!?SLマウントを搭載したパナソニックG9のようなカメラになる!?パナソニックのフルサイズミラーレスはSLマウントで確定!?SLマウントを搭載したパナソニックG9のようなカメラになる!?(342views)
  3. ニコンはZマウントには中判センサーを搭載する計画は無い模様。ニコンはZマウントには中判センサーを搭載する計画は無い模様。(228views)
  4. キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」用の「RF50mm F1.2L USM」「RF28-70mm F2L USM」「コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R」が予想を上回る注文で生産が間に合わない模様。キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」用の「RF50mm F1.2L USM」「RF28-70mm F2L USM」「コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R」が予想を上回る注文で生産が間に合わない模様。(196views)
  5. 富士フイルムX-T3のセンサーはサムスン製!?ペンタックスやパナソニックにもセンサーを供給する!?富士フイルムX-T3のセンサーはサムスン製!?ペンタックスやパナソニックにもセンサーを供給する!?(165views)
  6. シグマの「28mm F1.4 DG HSM | Art」「40mm F1.4 DG HSM | Art」「70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports」「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」「56mm F1.4 DC DN | Contemporary」のリーク画像が登場。近日中に発表される模様。シグマの「28mm F1.4 DG HSM | Art」「40mm F1.4 DG HSM | Art」「70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports」「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」「56mm F1.4 DC DN | Contemporary」のリーク画像が登場。近日中に発表される模様。(113views)
  7. ソニーがα7IIIより下で価格1500ドルのフルサイズEマウントのエントリー機を発表する!?ソニーがα7IIIより下で価格1500ドルのフルサイズEマウントのエントリー機を発表する!?(90views)
  8. リコー/ペンタックスが「何か」を発表する!?リコー/ペンタックスが「何か」を発表する!?(77views)
  9. 富士フイルム「フルサイズセンサーの能力が高いことはよく分かっている。だけど、それはやらない。我々が作ろうとしているカメラシステムとは方向性が違う。」富士フイルム「フルサイズセンサーの能力が高いことはよく分かっている。だけど、それはやらない。我々が作ろうとしているカメラシステムとは方向性が違う。」(77views)
  10. ライカSL レビュー「フォーカスは速いが、ソニー最新のα7R IIやα7S IIには明らかに及ばない。」ライカSL レビュー「フォーカスは速いが、ソニー最新のα7R IIやα7S IIには明らかに及ばない。」(75views)

言葉としては知っていてもちょっと分かりにくい写真用語の感覚的な理解に挑んでみる

http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1404/14/news084.html

EX-100

ITmediaデジカメプラスにカシオEX-100のブラケティング機能を使って、「露出」「絞り」「シャッタースピード」「ホワイトバランス」などの設定を変更すると、どのように写りが変化するのかを実写を交えたレビューが掲載されています。

記事抜粋
「プレミアムブラケティング」は、通常のブラケット機能は1つの要素で設定を変えたものを撮る(露出でいえば、適正、オーバー、アンダー)ところを、2つ(露出×ホワイトバランスなど)組み合わせることで、一度に9枚の違った写真を撮れる。設定ひとつつ変えただけでも写真は変わるのだが、さらにもうひとつ加えることで、自分がイメージしていなかった、まったく別物に仕上がるという楽しみもある。

カメラの設定に詳しくなくても自分のイメージに近い写真を撮ることができるようになるプレミアムブラケティングは、ビギナーにとってはとてもありがたい機能と言える。そのうえ、撮影された写真の設定値を後で確認することで、どうすればこのような写真が撮れるのか勉強になるので、カメラを始めた人にとってはまさに一石二鳥のお役立ち機能だ。また、使い慣れた人にとっても、さまざまなブラケティングを試すことで新しい発見があるかもしれないのも付け加えておこう。

EX-100は実際に使ってみたんですが、プレミアムブラケティングは中々楽しい機能でした。また、基本性能が高いのでプレミアムブラケティングを使わなくても十分使えるカメラだと思います。ただ、もうちょいセンサーサイズが大きいといいなあ…。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「CASIO」カテゴリの最新記事

CASIO」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+