• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

Canon 9-18mm F3.5-4.5の特許:エンジニアの嗜み:So-netブログ

http://egami.blog.so-net.ne.jp/2015-02-27

キヤノンがEOS M用の超広角ズームレンズ「EF-M9-18mm F3.5-4.5」を開発中!?

エンジニアの嗜みさんが、キヤノンのAPS-Cミラーレスに対応する9-18mm F3.5-4.5の特許の話を掲載。


  • キヤノンがAPS-Cミラーレスに対応する9-18mm F3.5-4.5の特許を出願中。
  • EF-MレンズにはEF-M11-22mm F4-5.6 IS STMがある、
  • どのように住み分けるのか。
  • キヤノンの特許申請は9-18mm F3.5-4.5で、若干広角寄り、また明るくなっている。
  • レンズ全長はEF-M11-22mm F4-5.6 IS STMとあまり変わらない。
  • また空間に余裕があるので沈胴式も可能かもしれない。
  • 小型軽量な製品を期待出来るが、ミラーレス広角レンズの例に漏れず電子補正を前提としている。
  • 歪曲は広角側で約10%の樽型となっている。
  • 因みにミラーレスの望遠レンズはF値を暗くして小型化を実現していることが多い。
  • 一眼レフでミラーレス並みの電子補正前提の光学設計を行ったらどうなるのか?
  • 気になるところ。
  • 小型軽量であることは運搬における最大のメリット。
  • どこにでも気軽に持ち出せるレンズになりそう。

とのこと



Canon 超広角ズームレンズ EF-M11-22mm F4-5.6IS STM ミラーレス専用 EF-M11-22ISSTM



この超広角な画角で小型軽量なので、このレンズは結構いいかもですね。ただ、EF-Mレンズには、まずはお手頃価格の大口径単焦点やマクロが必要な気がしますよね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+