• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

EVFは欲しかったけど:コンパクトなボディに“G”の名にふさわしい高画質――「PowerShot G7 X」 (1/3) – ITmedia デジカメプラス

http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1410/09/news035.html

PowerShot G7 X レビュー

ITmedia デジカメプラスに「PowerShot G7 X」のレビューが掲載されています。


  • とにかくコンパクト。
  • キヤノンのハイエンド機というと、薄くてコンパクトな「PowerShot S120」か、ちょっとゴツいけど高性能で操作性高い「PowerShot G16」か、となる(さらにデカい「PowerShot G1X mark II」はおいておく)
  • G7 Xは、奥行き以外をPowerShot S120と同等サイズに小さくしながら、1型の大型センサーを搭載。
  • RX100 IIIに比べると14グラムほど重い。そのくらいは気にならない。
  • いよいよハイエンドコンデジ新時代か、と期待できる。
  • G7 Xは正にハイエンド仕様のスペックを持っている。
  • センサーは1型の2020万画素で、アスペクト比は3:2。
  • 基本スペックはソニーのRXシリーズとほぼ同じ。
  • レンズの焦点距離は24~100ミリ相当と、4.2倍のズームを実現、明るさはF1.8~F2.8。
  • ライバルと目されるソニーのRX100 IIIはF1.8~F2.8ながら24~70ミリ相当。
  • G7 Xの方が望遠側に長い。なのにレンズは大きすぎず、素晴らしい。
  • このサイズでテレ端でF2.8となればかなり安心して使える。
  • 背景のボケも楽しめる。
  • 基本性能が今までのSやGとはワンランク上がったG7 X。
  • 簡単にいえば「デザインはPowerShot S、操作系はPowerShot G」。
  • 「コンパクトでシンプルで1型センサー+明るいレンズ」というハイエンドコンデジであるが、ひっかかった点が1つある。
  • キヤノンは製品発表会で、G7 Xのメインターゲット層は50~70代のシニア層だと言った。
  • シニア層というのはおおむねフィルムカメラの時代を知っているし、何より老眼。
  • 進行は人によって違うが、老眼率がぐっと上がる世代。
  • 視度補正を使ってコントロールできるEVFは必須、少なくとも自分撮りより優先するべきなんじゃないかと思う。
  • まあEVFが欲しいとか、グリップしやすいデザインがよかったとか、勝手なことを言い出せばキリがない。
  • サイズとクオリティと価格のバランスで考えると、G7 Xのコストパフォーマンスの高さは素晴らい。
  • 下手な1/1.7型センサーのハイエンド機を買うより少し予算を上げてこっちを選んだ方が幸せになれる。
  • この価格でこの画質のカメラを出されたらかなわない。

とのこと



Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X



たしかに、この高級感のあるデザインで、この1インチセンサーと明るいレンズを搭載した描写性能を考えるとメチャクチャ割安感ありますよね。ネットの最安値では既に6万切ってるんですよねえ…これキャノンが本気でRX100を潰しに来てる感がするなあ…。近々RX10の対抗機になりそうな大型センサーの高倍率ズーム機も出て来そうですしね。うーむ、コンデジもいいですが、そろそろミラーレスでも本気が見たいなあ(笑
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+