• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

Canon アポダイゼーションフィルタの特許:エンジニアの嗜み:So-netブログ

http://egami.blog.so-net.ne.jp/2014-09-25

キヤノンのアポダイゼーションフィルターの特許

エンジニアの嗜みさんにキヤノンのアポダイゼーションフィルタの特許の話が掲載されています。


  • キヤノンがアポダイゼーションフィルタの特許を出願中。
  • 光量低下を軽減し、しかも位相差を検出可能。
  • ミノルタやソニーの135mm F2.8[T4.5]STFや、富士フイルムのXF56mm F1.2 R APDはどうして位相差を検出出来ないのか。
  • それはキヤノンが特許を取得しているから。
  • 冗談みたいな話ですが、実際にキヤノンの特許第4428961号で登録されている。
  • 技術的な理由は、 アポダイゼーションフィルタとは瞳位置に周辺減光を設ける特殊フィルタ。
  • しかし照度分布が一様にならず焦点検出誤差を生じる。
  • キヤノンの特許第4428961号はアポダイゼーションフィルタに濃度が一定になる部分を設けて、その部分を見て位相差を検出可能にする。
  • しかし濃度分布がないとボケの質が改善しない。
  • 特許第4428961号はキヤノンが2003年に特許出願しましたが、製品化は見送った模様。
  • 因みにフジノン XF56mmF1.2 R APDは、コントラストAFが可能とは書いてある。
  • しかし、位相差を検出可能とは書いていない。
  • 今回のキヤノンの特許申請は、位相差検出画素との合わせ技みたいなもの。
  • 瞳位置は4分割、1ピクセルも4分割される。
  • クアトロピクセルCMOS AFが必要になる。クアッドピクセルCMOS AFか。
  • アポダイゼーションフィルタを4分割された瞳位置の内1つに設ければ、1ピクセルの内1つのサブピクセルがアポダイゼーションフィルタによる像となる。
  • 残り3つのサブピクセルは通常の像となり位相差を検出可能。
  • 画質の改善は不明だが、位相差検出を使える。
  • ポダイゼーションフィルタの効果をMF操作不要で楽しむことが可能。

とのこと



FUJIFILM フジノンズームレンズ XF56mm F1.2 R ADP



なんと、そんな理由だったんだ。ってことは、XF56mmF1.2 R APDのAFは普通のXF56mmF1.2 Rと比べると遅いのかもしれませんねえ。つか、せっかくAFの特許持ってるんだし、ここはキヤノンからアポダイゼーションフィルターのレンズを出して欲しいですねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+