• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

【レビュー】キヤノン「EOS M2」長期試用レポート第1回 – 標準ズーム+単焦点レンズで楽しむ女性ポートレートの巻 (1) キット付属の標準ズームレンズを使いこなす | マイナビニュース

http://news.mynavi.jp/articles/2014/08/14/eosm2_trial01/

「EOS M2」+「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」「EF50mm F1.8 II」レビュー。「標準ズームを基本に限られた予算内で大きなボケを味わうにはEF50mm F1.8 IIがオススメ」

マイナビニュースに「EOS M2」と「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」、「EF50mm F1.8 II」のレビューが掲載されています。


■EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM

  • 「EOS M」シリーズには、専用「EF-M」レンズとして、標準ズーム、広角ズーム、望遠ズーム、広角単焦点レンズの4本がラインアップ
  • 種類は豊富とはいえないが、いずれもコンパクトで使い勝手のいいレンズ。
  • このうち基本の1本といえるのは、標準ズーム「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」。
  • ビギナーなら、まずはこの標準ズームをきっちりと使いこなすことをオススメ。
  • スペック的に際立ったところはないが、低価格ながら写りは良好だ。
  • 解像感はまずまず高く、各種の収差は目立たないように低減されている。
  • 210gと軽量ながら、外装やマウント部に剛性感の高い金属素材を採用。
  • 「EOS Kiss」シリーズのキットレンズに比べ、見た目の高級感で上回る。
  • 「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」は、接写に強いことも特長。
  • 最短の撮影距離はズーム全域で25cmで、最大撮影倍率は0.25倍。
  • マクロレンズほどではないが、ちょっとした接写が楽しめる。


■EF50mm F1.8 II

  • 今回使ったもう1本のレンズは、明るい単焦点レンズ「EF50mm F1.8 II」。
  • 一眼レフ「EOS」シリーズ用のレンズ、EOS M2には「マウントアダプター EF-EOS M」を使うことで装着可能。
  • フルサイズ標準レンズだが、EOS M2に装着した際は、焦点距離80mm相当の中望遠レンズとして活用可能。
  • ちょうどポートレート用に最適な焦点距離。
  • 実売1万円前後の低価格にもかかわらず、切れ味鋭い描写が得られる。
  • 開放値F1.8によるボケの表現力も楽しめる。
  • 標準ズーム「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」と「EF50mm F1.8 II」では開放値に3段以上の差があるため、背景部分のボケ具合にも大きな違いが出てくる。
  • レンズの外装は樹脂素材で、その作りは少々チープな印象。
  • EF-Mレンズとは違って、オートフォーカスの駆動音がギーギー鳴る
  • マニュアルフォーカスの際に、フォーカスリングの回転操作があまり滑らかでない。
  • この価格の安さと写りの良さを考えれば、外装や操作感に関する弱点には目をつぶってもいいと。
  • レンズの重量は130gと軽いので、マウントアダプターでEOS M2に装着しても全体のバランスはいい。
  • 発売は1990年。実に20年以上に渡ってロングセラーを続けているレンズ。
  • キット付属の標準ズームを基本にしつつ、限られた予算内で大きなボケ表現を味わうには50mmの単焦点レンズがオススメ。


とのこと



Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応



「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」は値段の割に結構良い写りのようですねえ。「EF50mm F1.8 II」は“撒き餌レンズ”と言われてる、安いのに良く写って写真が楽しくなるレンズなので、これは予算を抑えた場合は鉄板なレンズです。しかし、これをEOS Mで使うってのはあまり考えなかったんですが、ダブルレンズキットならマウントアダプター付いてくるのでお手軽に使えていいなあ。なんか欲しくなってきた。初代なら4万切ってるしね
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+