• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

超高画質で撮れるdp2 Quattroとプロも使うデジ一眼を比べてみた – 週アスPLUS

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/237/237956/

dp2 Quattro vs DSC-RX1R vs EOS 5D MarkIII「Quattroの精細感は他の2機種と比べて圧倒的」

週アスPLUSでdp2 QuattroとDSC-RX1RとEOS 5D MarkIIIで撮影した写真を比較。


dp2 Quattro
精細感は他の2機種と比べて圧倒的。Foveon X3の実力がうかがえる。しかし、発色はやや落ちる。

DSC-RX1R
EOS 5D MarkIIIと比べると輪郭がくっきりと描写され、ローバスレスの効果が出ている。

EOS 5D MarkIII
一部を拡大してみると、やや不利に感じる解像感。画面全体で見れば十分満足のいく画質。

プロカメラマンにとっての良いカメラは、レスポンスや信頼性なども含めて評価するので、画質だけで選ぶわけではない。
しかし、実際に撮り比べるてみると高級コンデジの高画質に驚愕。 侮れない存在となっている。


とのこと

こちらでも、「dp2 Quattro」と「DP2 Merrill」、「GR」、「RX1R」で、撮り比べてましたが、やはりQuattroは素晴らしい解像感ですね。RX1Rと5D MarkIIIはそれほど差は無いように感じるなあ。
ただ、プロカメラマンの商売道具として考えた場合は信頼性が重要ですからね。壊れなかったり、安定してるなど、そう考えるとこの三機種では5D MarkIIIになりますよね。まあ、Quattroには例の「ビアガーデン現象」もありますからねえ。
つか、RX1Rもですが、レンズ交換できない時点で用途が限定されるので、そもそもその視点で比較すべきではないかもですが(笑
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon, SIGMA, Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+