• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Canon EOS RP to cost $1599? [CR1] | Canon Rumors

https://www.canonrumors.com/canon-eos-rp-to-cost-1599-cr1/


Canon Rumorsに、キヤノンが次に発表するEOS Rのエントリーモデルの噂が掲載されています。


  • キヤノン EOS RPは、2019年2月14日頃に発表される予定です。
  • それはキヤノンEOS Rシステムのための新しいエントリークラスになるだろう。
  • 過去2、3日の間に出てきたさらなる情報がありる。
  • キヤノンEOS RP本体の噂の価格は1599ドルだ。
  • EOS RPの発売開始価格として1499ドルとも聞いている。
  • EOS 6D Mark IIと同じセンサーのバリエーション
  • デュアルピクセルCMOS AF、DIGIC 8、およびシングルカードスロット。
  • また、EOS RPは最大30fpsで4K録画が可能とも噂されている。
  • コスト削減は操作性の違い(タッチバーの削除?)によってもたらされると聞いている。そしてEOS Rよりも低品質の造り。イメージセンサーもコスト削減に役立つと思われる。
  • EOS RPに続く、次のEOS Rカメラは高解像度のハイエンドモデルになると予想している。
  • 早くても2019年の第4四半期までそのようなカメラを見ることを期待できない。
  • このカメラが新世代のキヤノン製イメージセンサーを搭載することも予想されている。

とのこと



キヤノン EOS R 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK)



キヤノンの未公開製品リストに登録され、その名が浮上したEOS RPですが、現在EOS Rのエントリー機という話になってます。スペックは、1,600ドルでシングルカードスロットになるなんて噂もありましたが、今回の噂だとベーシックなモデルになりそうですね。1499ドルだとすると約16.5万なので、かなり攻めてる価格ですよね。2月14日発表という噂に期待ですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

EOS-1D X Mark III キヤノンEOS-1D X Mark II後継機が、写真家やエンジニアによるテストを開始!?
KIPON キャノンEFレンズをニコンZで使用可能にするAF対応マウントアダプター「CANIKON」 KIPON キャノンEFレンズをニコンZで使用可能にするAF対応マウントアダプター「CANIKON」
キヤノン「PowerShot G5 X Mark II」 キヤノンが認証機関に登録しているカメラは「PowerShot G5 X Mark II」だった模様。
canon キヤノン キヤノンの2019年の新製品の噂。プロ向け一眼レフが登場する!?
タムロンが最高技術を結集した単焦点「SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)」とポートレートを撮るために生んだズーム「35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)」を開発発表。 タムロンが最高技術を結集した単焦点「SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)」とポートレートを撮るために生んだズーム「35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)」を開発発表。
タムロン タムロンが一眼レフ用「SP 35mm F/1.4 USD」と「35-150mm F/2.8-4 VC USD」を発表する!?SP 35mm F/1.4は史上最高の35mmを目指したレンズになる!?
RFレンズ キヤノンが2019年中に、さらに2つのRFレンズを発表する!?その内の1本は「RF100-400mm F3.5-5.6L IS USM」になる!?
キヤノンがソニーRX100シリーズのようなポップアップ式EVFを開発中の模様。
canon キヤノン キヤノンの今後の新製品の噂&予想【2019年2月】高画素EOS Rや「RF100-400 F3.5-5.6L IS USM」「RF50mm F1.8 IS STM」「RF24mm F1.4L USM」など。
キヤノン「RF70-200mm F2.8 L IS USM」と「EF70-200mm F2.8L IS II USM」の大きさ比較。かなりコンパクトな模様 キヤノン「RF70-200mm F2.8 L IS USM」と「EF70-200mm F2.8L IS II USM」の大きさ比較。かなりコンパクトな模様
キヤノンがEOS Rにてボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正をシンクロする「All Optical IS」を開発している模様。 キヤノンがEOS Rにてボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正をシンクロする「All Optical IS」を開発している模様。
キヤノンが大三元を含む6本のRFレンズを開発発表。「RF15-35mm F2.8 L IS USM」「RF24-70mm F2.8 L IS USM」「RF70-200mm F2.8 L IS USM」「RF85mm F1.2 L USM」「RF85mm F1.2 L USM DS」「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+