• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Canon confirms 8K capable EOS R camera in development | Canon Rumors

https://www.canonrumors.com/canon-confirms-8k-capable-eos-r-camera-in-development/


Canon Rumorsに、imaging Resourceのキヤノン イメージコミュニケーション事業本部ICB製品事業部 事業部長 溝口 芳之氏へのインタビューの話が掲載されています。


  • imaging Resourceは、EOS RシステムとRFレンズの将来について、キヤノン幹部にインタビューした。
  • 将来的にキヤノンから期待できることについて、インタビューにはたくさんの素晴らしいヒントがある。
  • 私たちの視点から注目に値するいくつかの点。

  • EOSとEFマウントがそうであったように、EOS RおよびRFマウントシステムは、今後30年間にわたって使用できるように設計されている。
  • 一眼レフの売上高は堅調に推移しているので、キヤノンは一眼レフを開発し続ける。

  • 私達はこれから30年間使えるようにEOS Rシステムを開発した。
  • そしてハイエンドのRFレンズを導入することから始めた。
  • 私たちはミラーレスについて非常に真剣だ。
  • しかし、間違った印象を持たないで欲しい。
  • 私達は一眼レフ機の技術と製品も同様に強化していく。
  • 私たちは一眼レフとミラーレス技術の両方に一生懸命取り組み、それぞれについて顧客の声を聞いていく。
  • EOS Rシリーズについて、プロ向けモデルを含む複数のモデルを検討している。
  • 今の時点ではリリース時期についてはコメントできない。

  • キヤノンは4K動画では出遅れたが、8Kカメラに当てはまるとは思わないで欲しい。
  • ロードマップには、すでに8K対応のEOS Rカメラがある。
  • これはすでに開発中であることを示唆している。

  • EOS Rシステムでは、ビデオは確かに大きな役割を果たす。
  • たとえば、8Kビデオ対応カメラはすでにEOS Rシリーズのロードマップに含まれている。

  • 私たちは2019年のロードマップを確認しようとしている。
  • そして私達はそれを間もなく完了することができるはずだ。
  • 日本でのCP+ショーは2019年2月28日に始まる。
  • それは通常キヤノンにとって重要なショーだ。
  • 多くのEOS R関連製品がそのショーの前に発表されることを期待している。

→Imaging Resourceで全インタビューを読む

とのこと



キヤノン EOS R フルサイズミラーレス一眼ボディー



EOS Rは、小型軽量や簡単操作の特徴を持ったエントリーモデル5軸ボディ内手ブレ補正が搭載7500万画素の高画素などの噂も上がっていますが、8K動画対応も行われそうな感じですね。CESではまさかのシャープから8Kマイクロフォーサーズ機が登場して話題になってますが、EOS Rの8K対応にも期待したいですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+