• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

APS-C Canon EOS R body likely [CR2] | Canon Rumors

https://www.canonrumors.com/aps-c-canon-eos-r-body-likely-cr2/


Canon Rumorsに、キヤノンのRFマウントのAPS-C機の噂が掲載されています。


  • 優れたソースがAPS-Cセンサーを搭載したEOS Rボディの可能性に同調した。
  • 最近のインタビューでは、キヤノンの執行役員がEOS MシステムとEOS Rシステムについてコメントした。
  • EOS Rはフルサイズのシステムなので、EOS Mサイズに小型化することはできない。
  • EOS Mは、APS-Cシステムとして役割/存在価値を持っている。
  • いくつかのサイトでは、APS-Cセンサー搭載のEOS Rボディがないということと認識している。
  • 私たちは、EOS Mサイズに「プロシューマー/プロフェッショナル」カメラに必要なRFマウントと操作性をEOS MのようなコンパクトなAPS-Cシステムに小型化することはできないと考えている。
  • ソースの話に戻る。過去何度も語られてきたが、今週も少なくとも1台のAPS-C搭載カメラが現在開発されテストされている
  • なぜ我々はこれを信じているのか? EOS 7Dシリーズのカメラ。
  • キヤノンの未来はEOS RとRFになる。ほとんどの人がそうだと思っているだろう。
  • 非常に普及しているEOS 7Dシリーズが無くなるか、または一眼レフのままになることはない。
  • それにはEOS Rとしての代わりが必要だ。キヤノンのラインアップに存在しなければならないカメラだ。
  • いつAPS-CのEOS Rボディが登場するのか?
  • 私は「プロスポーツ/野生生物」向けのEOS Rのボディの後に登場する思っているが、単なる予測に過ぎないん。
  • 興味深いことにEOS 7D Mark IIIカメラについての信頼できる情報はない。
  • そのようなカメラは登場するという確認もまだ取れていない。
  • すべて変わる可能性はあり、2019年の上半期にこれらについて何か情報を得る思っている。

とのこと



キヤノン EOS R フルサイズミラーレス一眼ボディー



以前も、RFマウントのAPS-C機のテストの噂が上がっていましたが、その後に、キヤノン執行役員の戸倉氏がインタビューで「EOS Rはフルサイズシステムで、EOS Mのサイズまで小型化することはできない。EOS MはAPS-Cシステムとしての役割・存在価値を持っている。」と話していたわけですが、APS-CとしてEOS Mは続けていくようですが、EOS RのAPS-Cを作らないとは言ってないですからね。EOS 7DのようなハイエンドなAPS-CモデルがEOS Rから出てきてもおかしくはないですよね。でないと、これからラインナップされるであろう高性能な様々なRFレンズをAPS-C機で使うこともできないですしね。EOS RのAPS-C機に期待したいですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+