• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Canon RF 24-70mm f/2.8L IS to come before EF version [CR2] | Canon Rumors

https://www.canonrumors.com/canon-rf-24-70mm-f-2-8l-is-to-come-before-ef-version-cr2/


Canon Rumorsに、キヤノンの「EF24-70mm F2.8L IS USM」と「RF24-70mm F2.8L IS USM」の噂が掲載されています。


  • 以前、RF24-70mm F2.8L ISが2019年にEOS Rシステム用に発売されると掲載した。
  • また、このレンズのEF版も存在すると聞いている。
  • 24-70mm F2.8L ISのRF版は、EF版よりも先に登場すると聞いている。
  • ソースは、EF版が登場しない可能性があると言っていたが、2018年から2019年にEOS Rシステムがどれくらいうまく受け入れられるかどうかかもしれない。
  • 我々はエントリーレベルのEOS Rカメラだけでなく、プロ向けの登場を期待している。 近い将来、EFレンズラインは、RFラインより後回しになるだろう。

とのこと



Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F2.8L II USM フルサイズ対応



先日キヤノンは手ブレ補正付24-70mm F2.8Lを、RFマウントとEFマウントの両方でリリースするかどうか悩んでいる的な噂が上がっていましたが、一応両方登場する感じですかね。まあ、EOS Rはまだまだこれからなんで、EFレンズを出さないってのは無さそうな気はしますよね。 ただ、キヤノンが何度かイベントなどで展示していたDOレンズのEF600mm F4 DO ISはRF用として登場するなんて噂も上がっていますし、このミラーレス化の流れは止まらないでしょうから、いずれは、RFマウントがメインになっていくのは明白ですよね。EOS Rフラッグシップ機「EOS R Pro」APS-C機の噂も上がっていますが、まずはEOS Rのボディラインナップに期待したいですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+