• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

New diffractive optics super telephoto lenses on the way, with a new twist….. [CR1] | Canon Rumors

https://www.canonrumors.com/new-diffractive-optics-super-telephoto-lenses-on-the-way-with-a-new-twist-cr1/


Canon Rumorsが、キヤノンのフルサイズミラーレスEOS R用のDOレンズの噂が掲載されています。


  • 新しい回折光学系の超望遠レンズが進んでいると聞いているが、EFマウント用ではない可能性がある。
  • キヤノンが最後のCanon Expoで示した600mm F4 DO ISは、EFの代わりにRFマウントに向かう可能性があるという未知のソースから聞いた。
  • 同様のソースによれば、2つの追加のDOレンズを開発しており、両方ともRFマウント用である可能性が高いと主張している。
  • これらのレンズはいずれも2019年には予想されていないが、2020年ロードマップの一部になる可能性がある。

とのこと



Canon 望遠ズームレンズ EF70-300mm F4-5.6 IS USM フルサイズ対応



先日、キヤノンは手ブレ補正付きの24-70mm F2.8LをRFマウントのみにするか悩んでいるという噂が上がっていましたが、以前よりイベント展示などを行っていたEF600mm F4 DO ISもRFマウントのみになる可能性があるんですかね。その後に登場するDOレンズもRF用という話になっていますが、もし本当だとするとキヤノンは本気でフルサイズミラーレスに力を集中する感じですね。思い切った感もありますが、トップを走るソニーから出遅れたことを考えると、このくらいフルスロットルでRFを開発するのもアリかもですよね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+