• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

キヤノン:ミラーレスカメラ用「EF-M」レンズシリーズのラインアップを拡充 EF-Mレンズ初の大口径単焦点レンズ“EF-M32mm F1.4 STM”を発売

https://cweb.canon.jp/newsrelease/2018-09/pr-ef-m32-f14-stm.html

EF-M32mm F1.4 STM


  • キヤノンは「EF-M」レンズの大口径単焦点レンズ「EF-M32mm F1.4 STM」を9月21日より発売。
  • 価格:7万2,000円(税別)
  • EF-M32mm F1.4 STは、プロ向けの「L(Luxury)レンズ」に迫る高画質を実現した小型・軽量設計の大口径単焦点レンズ。
  • 高精度ガラスモールド非球面レンズ1枚を含む8群14枚からなるレンズ構成により、画面中心から周辺部まで、Lレンズに迫る高解像・高コントラストな描写性能を実現
  • F1.4の明るい開放絞り値の大口径単焦点レンズながら小型・軽量
  • EF-Mレンズとして最も明るいF1.4の大口径を実現
  • 全長56.5mm、質量約235gの小型・軽量設計

とのこと



Canon マクロレンズ EF-M28mm F3.5 IS STM ミラーレス一眼対応 EF-M28/F3.5 M IS STM



以前より噂されていた「EF-M32mm F1.4 STM」が登場しましたね。これでやっとEOS Mに大口径単焦点が登場しましたね。しかもF値が1.4というのも良いですね。しかし、キヤノンは、フルサイズミラーレスシステムの「EOS Rシステム」を発表したわけですが、APS-CミラーレスのEOS Mの方は、今後どうしていくんですかね。EOS M5 Mark IIの噂も出てたりしますが、このまま続けていくんですかね。この32mm F1.4が最後のレンズにならないと良いですねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+