• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

キヤノン「デュアルピクセル CMOS AF」が全国発明表彰内閣総理大臣賞に デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1122243.html


デジカメ Watchに、キヤノン「デュアルピクセル CMOS AF」が全国発明表彰の内閣総理大臣賞を受賞のニュースが掲載されています。


  • キヤノンは平成30年度全国発明表彰において、「撮像面位相差オートフォーカス方式を実現するイメージセンサの発明(デュアルピクセル CMOS AFに関する発明)」で内閣総理大臣賞を受賞。
  • 大正8年から公益社団法人発明協会が多大な功績をあげた発明を表彰するもの。
  • また多大な功績を挙げた発明、考案、意匠、あるいはその優秀性から今後大きな功績を挙げることが期待される発明などを表彰。
  • デュアルピクセル CMOS AFは、2013年8月発売「EOS 70D」で初めて搭載されたAF機構。
  • 現在もキヤノンの一眼レフカメラやミラーレスカメラで展開。
  • ライブビューや動画撮影においてAFを使った新たな撮影スタイルを提供。
  • 映像表現の幅を格段に広げ、映像文化を大きく発展させることに貢献しているという。
  • さらに、撮影画像とともに画素単位の「奥行情報」も取得できるため、被写体形状を立体的に把握できる次世代画像認識技術への応用も期待されている。

とのこと



キヤノン EOS Kiss M 【EF-M15-45 IS STM レンズキット】 (ホワイト/ミラーレス一眼カメラ) EOSKISSMWH1545ISLK



今となっては、エントリー機も含めキヤノンの多くの機種に搭載されているデュアルピクセル CMOS AFですが、なんか、今更感のある受賞ですよね。なんでこのタイミングなんでしょうかね…。まあ、それは置いといたとして、デュアルピクセル CMOS AFって「奥行情報」も取得できたんですね。知らなかった。TrueDepthのFace IDのような画像認識系もですが、ライトフィールドのような撮影後のピント位置変更機能などのスチル撮影系機能にも期待したいですね。そういえば、5D Mark IVに搭載されたDPRAWでは、微妙にピント位置だったりボケだったりを撮影後に調整できましたよね。これって、デュアルピクセル CMOS AFの奥行情報を使ってる感じなんですかね。どうなんだろうか。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+