• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

『自分撮り』機能付きカメラ 新たなトレンドになれるか | THE PAGE(ザ・ページ)

http://thepage.jp/detail/20140525-00000004-wordleaf

『自分撮り』カメラ「PowewShot N100」&「HC-W850M」

THE PAGE(ザ・ページ)に『自分撮り』機能付きカメラの話が掲載されています。



  • 今年に入り、各メーカーが撮影者も写ることができる『自分撮り』の製品を相次いで発売している。
  • 『自分撮り』を意味する「selfie(セルフィ)」という言葉が、昨年オックスフォード辞典の流行語大賞に。
  • 自分で自分を撮影することは世界レベルでのトレンド。
  • 今回発売されている製品のコンセプトは、『自分撮り』ではなく『家族の思い出』。
  • スマートフォンでの撮影がSNSなどへの投稿を目的とする自分撮り。
  • デジカメやビデオカメラは、撮影者も被写体と一緒に思い出に残すことが新しい撮影スタイル。


キヤノン「PowewShot N100」

  • 『自分撮り』用のサブカメラを搭載したコンパクトデジタルカメラ。
  • 被写体の画像に撮影者も同時に写ることができる“一芸カメラ”。
  • 撮影しているも一緒に思い出を残そう、ということが開発の背景。
  • ターゲットはファミリー層。30代から40代の子育て世代。
  • 誰でも簡単に操作可能な設計なので、父親ではなく子供が撮影者になることも可能。
  • 子供が撮影者となっても、一緒に写真の写り、思い出に残していける設計。


パナソニック「HC-W850M」

  • 『自分撮り』ができるサブカメラを搭載したビデオカメラ
  • コンセプトもやはり「家族との思い出」。
  • 家族の思い出に撮影者のお父さんが映ってないのは寂しい。
  • 家族全員で思い出を残したい、というのが開発の元。


これから行楽シーズン、運動会シーズンだが、「パパが写らない思い出」から「家族全員で残せる思い出」へと「思い出」の形に変わりそうだ。



とのこと

そうか、自分で自分を撮影することは世界レベルでのトレンドなんだ…。
私は「自分撮り」を全くしないんですよねえ。
良く考えると、子供や学生だったころは自分も写りたいという気持ちが強かった気がしますが、最近は全然無くなってしまったなあ…。旅行に行って風景だったりストリートだったりの写真は撮りまくりますが、自分以外に同行者すらあまり撮らないかも…^^;

しかし、「PowewShot N100」なんですが、なんかこれアレに似てるなあ…学校休んじゃった人の集合写(ry
サブカメラで撮れるサイズはHC-W850Mぐらいのサイズ感があると良いかもですねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+