• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

Canon 100-400mm F4.5-5.6 DO の特許

http://egami.blog.so-net.ne.jp/2014-05-24

EF100-400mm F4.5-5.6 DOとEF70-300mm F4.5-5.6 DO

エンジニアの嗜みさんに、キヤノンの100-400mm F4.5-5.6と70-300mm F4.5-5.6の特許の情報が掲載されています。

  • キヤノンが100-400mm F4.5-5.6と70-300mm F4.5-5.6の特許を出願中。
  • 回折光学素子(DOE)と蛍石を使った望遠ズームレンズ。
  • DOEを使った光学系。
  • 防振機構(ISユニット)の記載がないので、このまま商品化されることはない。
  • 新型の100-400mmはあらゆる方面から検討されていると考えられる。

とのこと



DOレンズ

http://web.canon.jp/technology/canon_tech/explanation/ef.html#do_lens

DOレンズ

一眼レフカメラ用DOレンズは、回折光学系と屈折光学系では色収差がまったく逆に発生する性質を利用。これにより、キヤノンは一眼レフカメラ用望遠レンズの大幅な小型化と軽量化を実現。(EF400mm F4 DO IS USM)。

DOレンズは、ガラスレンズの表面上に精密な回折格子を接合し、数μmm精度で近接した積層構造。カメラ用レンズとして、キヤノンが世界で初めて開発した技術。回折格子の材料や形状、構造などをさらに研究して、回折光学素子を3積層にした、3積層型DOレンズを開発。EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USMに搭載し、望遠ズームレンズの小型化にも成功。

EF100-400mm F4.5-5.6は色々噂が飛び交っていますが、DOレンズの可能性も無きにしも非ずといったところですかね。もしDOレンズが採用されたら、かなりの小型・軽量化が期待できるので、これはこれでアリですねえ。

EF70-300mm F4.5-5.6 DOの方は既に発売されているのレンズの後継機でしょうかね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+