• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

カジュアルに楽しみたい人向けのミラーレス――キヤノン「EOS M10」 (1/2) – ITmedia デジカメプラス

http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1511/21/news006.html

キヤノン EOS M10 レビュー「AFに関しては不満があるが、気軽に自撮りもスナップ撮影もできるAPS-Cセンサーのカジュアルミラーレス機」

ITmedia デジカメプラスに、キヤノンEOS M10のレビューが掲載されています。


  • M10はカジュアルさ重視のデザインや使い勝手のカメラ。
  • カメラとしての機能よりも「おしゃれさ」が先。
  • キャッチコピー「もっとキレイな写真が撮りたくて、ミラーレスでちょっぴり背伸びする」。つまりはそういうカメラ。
  • 操作性や拡張性を重視したM3に対し、M10はかつてのM同様、フラットなボディ。
  • 操作系は最小限にとどめたシンプルなデザイン。
  • センサーは像面位相差AFセンサーを搭載したハイブリッドCMOS。
  • 画素数約1800万画素。M3が2420万画素なので、恐らくはM2と同じ一世代前のセンサー。
  • M10を使っていると「これはM3のエントリー向けモデルではなく、M2の後継機」と感じる。
  • 特にM2っぽいのはAF回り。EOS M3は多くのシーンでAFが快適。すっと気持ちよいリズムでピントが合う。
  • しかし、M10のAFは快適とは言い難い。M2を使っている感覚に近い。
  • ちょっと条件が悪かったり望遠だったりするとAFで少し待たされる。
  • 昨今のミラーレス一眼はコントラスト検出AFのみでスッと一瞬でピントが合うのが当たり前だが、M10は一世代前の感じ。
  • 画質はさすがキヤノン。APS-Cサイズならではの階調の柔らかさやディテールのリッチさがある。
  • エントリー向けモデルだからか全体に鮮やか目で見栄えのする写り。
  • M10の操作系はM3ではなくM2を継承。
  • モニターはチルト式で、上に180度回転し、自分撮りにも対応。タッチパネル搭載。
  • 本体のボタン類が最小限な分、多くをタッチパネルで操作。
  • 構えたときの右側にはワンタッチスマホボタンが、左側にはカードスロット。
  • このクラスのカメラだと底面のバッテリーの脇にカードスロットを持つ製品がほとんどなので、側面に設けられていることに感心。
  • 凝った撮影をしたい人には、撮影モードを変えるのにいちいちタッチパネルを介する必要があるなど面倒に感じることもある。
  • しかし、このカメラはそういう使い方をしたい人向けじゃない。
  • M2と同様、普段は「シーンインテリジェントオート」とタッチAFでカジュアルにスナップを撮るカメラ。
  • 自撮りが気軽に楽しめるミラーレス一眼であり、APS-Cサイズの画質を誰でもすぐ楽しめるレンズ交換式カメラ。
  • しっかり撮りたい人のM3と、カジュアルユーザー向けのM10という2つのラインが出来上がった。
  • AFに関しては不満があるが、シャッターチャンス重視というよりは、気軽に自撮りもスナップ撮影もできるAPS-Cセンサーのカジュアルミラーレス機と思えばアリ。
  • 価格的にもレンズキットならかなりお手頃。ライバルはソニーの「α5100」といったところ。

とのこと



Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M10 レンズキット(ホワイト) EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM 付属 EOSM10WH-1545ISSTMLK



やはりEOS M10はEOS M2からの後継機のようですね。M2よりも更にカジュアルな方向なようで、余計な操作系を省いてオートで簡単に写真を撮りたい人向けのようです。みた目もカラフルなカバーなどでカスタム可能ですし、小型で値段も安く、女子ウケはよさそうですよね。最も気軽にAPS-Cセンサーを楽しめるカメラに仕上がってるかもなあ。しかしこれでEOS Mは、エントリー向けのM10と、本格的なM3となりましたが、今後は何がラインアップするんですかねえ。やはり、M3よりも更に本格的なEOS M1とかなのかなあ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+