• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

タムロンSP35mm F1.8 VC とキヤノンEF35mm F2 IS USM の比較レビューが掲載 – デジカメinfo

http://digicame-info.com/2015/10/sp35mm-f18-vc-ef35mm-f2-is.html

タムロン SP35mm F1.8 Di VC USD vs キヤノン EF35mm F2 IS USM !

デジカメinfoさんに、DCFerverの、タムロンSP35mm F1.8 VC とキヤノンEF35mm F2 IS の比較記事が掲載。

→編輯 mic:「副廠有力挑戰原廠!」- Canon 35mm f/2 IS vs Tamron 35mm f/1.8 VC – DCFever.com


  • キヤノンはF値は若干暗いもののサイズの面では明らかに有利。
  • タムロンとキヤノンの大きさと重さの違いは、F値の違いから想像するよりもずっと大きい。
  • 解像力は、どちらのレンズも開放から中央はもちろん隅でさえとても良好。
  • ボケは明るいタムロンの方がボケ量は大きいが、同じ絞り値ではキヤノンの方が良好に見える。
  • 近接性能は、タムロンに明らかなアドバンテージ。
  • 逆光耐性はどちらのレンズも良好。顕著なフレアやゴーストは見られなかった。
  • 周辺光量落ちは、どちらのレンズも問題があるが、キヤノンの方がより深刻。
  • タムロンはF2.8に絞ると大きく改善するが、キヤノンはF4まで絞る必要がある。
  • 手ブレ補正の補正効果は、キヤノンが優れていると感じた。
  • タムロンSP35mm F1.8 は、キヤノンEF35mm F2 の性能に全く引けをとらない。
  • 近接性能で勝っている。この新しいSPシリーズは実に意欲的な製品。

とのこと



TAMRON 単焦点レンズ SP35mm F1.8 Di VC キヤノン用 フルサイズ対応 F012E



たしかに解像力とボケは差が無い感じですね。どちらも良く解像してますし、ボケも良い感じです。周辺光量落はどちらもありますが、周辺光量落ちの雰囲気を好む人もいますからね。あと、最短撮影距離は確かにSP35mm F1.8 Di VC USDの方が寄れますが(0.2m)、そうは言ってもEF35mm F2 IS USMも0.24mなんで、結構寄れるんですよね。個人的には一番大きな差はサイズと重さな気がしますね。SP35mm F1.8 Di VC USDはΦ80.4mm×80.8mm 480gで、EF35mm F2 IS USMのφ77.9mm×62.6mm 335gとかなりの差があるんですよね。あと、価格もタムロンは出たばかりということもあって1万円以上高かったりもします。ここら辺をどう考えるかな気がしますねえ。
あと、このレビューは5D Mark IIIを使っていますが、5Dsなどの高画素機での比較も見てみたいかもです。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon, TAMRON」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+